読書の秋に良書と会った

IMG_5750_20171113050653d62.jpg

この8月に刊行され、新聞書評で4つ星だったので、読みました。朝鮮高校がまだ国体に出られなかった時代、国体の優勝校やそれに近い学校が軒並み、東京朝鮮高校に練習試合を申し込んで、強くなっていった話など、当時の強豪校の監督などに実際に取材したエピソードが山盛りです。幻の日本一高校物語で、映画になれば、パッチギやフラガールを軽く超えるのは間違いない感動物語。

釜本さんと同時代にプレーし、「釜本さんは大学卒業後も夢を持てるが、自分は新宿でやくざになるしかない」と言っていた新宿生まれの元朝校サッカー選手の、たっての希望で、この本は上梓された。このツワモノたちを、礼儀正しく、強い集団に育てた監督で、自身も「リスのように動く」と、日本人選手たちに慕われた「金明植」サッカー元選手が主人公。寡黙なのに、多くの日本人からも慕われ愛された人。素晴らしい日本人の記録でもある。

アルゼンチンからの移民の子・ジダンや、スラムのインディオの子・マラドーナと同じ、被差別の厳しい現実で、路上でサッカーボールを蹴るしかすることがなかった(外では遊べなかった)環境が、リスのように動く名選手を産んだ話。他にも山場がいっぱいあります。

何度か冊子やテレビドキュメンタリーで知っていたが、今回が一番良い。当時の日本一常連校・帝京高校は東京朝校と親善試合をするだけでも学校から反対されるので、反対方向へランニングして出かけて、遠回りして朝校へ行くなど、どこの学校の監督も、ミョンシク氏の技術を盗むのに熱心だった。何よりも差別が今より厳しい時代に、今よりずっと、「一緒に生きていた」(国体には出られなかったけれど)。

しばし私自身、原点に帰りました。映画になれば、もっと多くの人に感動を与えられるのに。

IMG_5732.jpg

IMG_5740_201711130545340e5.jpg

IMG_5735_20171113054818f46.jpg

IMG_5747_20171113054711121.jpg

桂も洛西の里も、紅葉前線が南下してきました。とても綺麗です。

(いろんな人に会うことで、拍手数より多くの皆さんが、相変わらず読んでくださっていることに恐縮しています。どうも有難う)。12月初旬まで、日本にいなかったり、帰ってきてもすぐに京都にいなかったりします。ですからカボチャにモノを、オクラナイデクダサイネ。サンキュー!

きっと、良いことが待っている

今どきの朝の6時は、まだ薄暗い。昨日、ウォーキングで竹藪に差し掛かったのが、6時だった。来春のタケノコのために、タケノコ畑をトラクターで耕していたタケノコ農家の人に、「ちょっと待って」と、呼び止められた。勿論面識はなく、挨拶もしたことがない人。

IMG_5708_2017110517563803c.jpg

そして小高い丘で作業していたトラクターから降りてきて、「はい!」。「土中から今朝、掘り起こしたんや。11月のタケノコって、縁起が良いのやで?飾っとき!」。「掘り起こしたとき、奥さんに上げようと思ったんや」。(いつも通るから?)

「まぁ、良いのですか?飾りもの?」(内心、「迷惑やなぁ、飾るのも供えるのも中途半端で、Sサイズのミカン2個分は皮を剥いたら1個分で、食べるのも中途半端やしぃー」)。

IMG_5709.jpg

飾って美しいものでもないが、取り合えず好意を無駄にしたくないから、一日中飾った(来春はこの人から筍を買おう)。でもやはり、このまま飾って腐らせるのは、もったいない。私は一人の時は、インスタントラーメンを作るのも億劫なほど怠け者になるのに、一念発起して、

IMG_5712.jpg

湯がきました。15分ほどで湯がきあがり(思ったより皮が薄く、柔らかさと美味しさが、写真に撮れていますね)。刺身にしたら、結構、7切ほどになりました。「真」(近所の悪徳和食料理店)なら高級な皿に盛り、ランの花を添えて、7千円ほどの値をつけるに違いない。(昔、春のタケノコの若さと、地元産を強調するために、湯がかずに生で出して、1万円を取って客と喧嘩した店)。

あまりの美味しさに、「真なら1万円!」。それにしても11月に、この見事な春の濃厚な味が飛び込んでくるなんて、普通の縁起の良さではない。窓を開けると、

IMG_5710.jpg

IMG_5711.jpg

なんと、今日は美しい満月の夜でした。竹から生まれた”かぐや姫”が月に帰ったのも、満月の日でした。秋の満月の日の朝に、竹藪で、見知らぬ人から、「縁起がいいから飾っとき」と、わざわざ呼び止められて、竹の子の赤ちゃんを貰ったのです。かぐや姫の生れ変りとまでは言いませんが、縁起が良いと思わずしてなんとしましょう?

飾っておいて最後に腐らせるより、食べることで竹の子の命をつないだ気分になりました。何か良いことがありそうな気分です。「チャチャチャ」に来てくれた方々にも良いことがありますようにと、月に祈りました。

IMG_5714_20171105182911ec9.jpg

私は普段は一人酒はやりませんが、そして筍の赤ちゃんも食べたあとで肴もないのに、熱燗一杯で月見酒をしました。もう一度、「秋の満月の日の竹の子の到来が、皆さまにも良いことがある兆しでありますように!」。

「蒼(あおいろ)のシンフォニー」

IMG_5689_20171101094043e99.jpg

「蒼のシンフォニー」というドキュメンタリー映画を見てきました。子どもを朝鮮学校に行かせたさに小学校から、ある親は新潟から茨城の寮に入れて12年間学ばせるなど、信念の家庭教育の記でもありました。そしてそのように過ごした生徒たち11名は、きょうだい以上の絆で結ばれる。こんな時代ですから、親にも子にも、相当な信念がないとできないことです。

そのように一緒に学んだ18歳の子どもたちが、修学旅行で北朝鮮に行った記録です。脱北とか北崩壊のシナリオがよく語られるけれど、やっぱり、ここにもいろいろな階層や考えの人がいるわけで、力で「北」を屈服させるのは、とんでもない絵空事であることが、改めてよく解る映画でした。対話の土俵にのせる努力あるのみです。綺麗ごとでなく、暴走させない努力あるのみだと思いました。

普通の「北」の人たちの本音は政治などどうでもよく、豊かな個人の生活を楽しみたい人たち、と言うのが、映像から伝わってきました。別れ際は「北」で暮らす人たちより、日本で暮らす生徒たちの方が涙、涙だったことからも、背負っている「思い」の違いを、想像した次第で、、、。

IMG_5692_20171101100149295.jpg

IMG_5690_20171101100332a04.jpg

可愛い幼稚園児のサルムノリがあったりで、多くの日本人を招いての、交流会でもありました。会場は醍醐駅から山へ20分ほど歩いた朝鮮初級学校で、台風21号の風雨をお供に歩きました。タクシーもこの日は1台もなく、年寄りの身には応えた一日でした。

IMG_5696_20171101101007109.jpg

帰ってきたら、お地蔵さんのお供えのように、玄関にいろいろなものが置いてあって。イチジクに、トースト一斤に、四国の栗タルト等、珍しいお菓子の山々。多分二人が来たみたい。「イチジクは多すぎる」と電話したら、「ジャムにすればよい」と一蹴された。いつからダイエットをすればいいの?

IMG_5697_20171101101318f16.jpg

IMG_5702_201711011014135a3.jpg

台風一過。イチジクジャムは、リンゴやイチゴより簡単であることが判明。しかもおいしい。文句を言って、ごめんなさい。

中身がブランド

IMG_5676.jpg

春から約束していた、高3の女子会を開催。3人が3度のがん手術、7年間のがん闘病、目下闘病中で、二人が大きな病経験者。岐阜・奈良県や箕面から一声で結集したというノリの良さ。当時からお互いに、ファーストネームなどで呼び合う気安い仲だった。

IMG_5666_20171019131108755.jpg

18番の巻きずしなどで、5時間を爆笑。

今回のブログも、「ワシントン」さんの目に留まるかな?岐阜の久美ちゃんが、ギャラリーのオーナーで、先日行ってきた人の話によると、国宝級や1千万円級を、ずら~り並べた高級ギャラリーらしい。相当、陶器には詳しい様子で、料理を盛りつけたワシントン作品の裏の「Y」をいちいち確認して、「かねもちのYや」。

IMG_5677_20171019132801246.jpg

「かねもち」というのは。専門用語がポンポン出て覚えられなかったけど、この紅は「しん砂?」とかなんとかで、、、、といろいろ詳しく解説してくれて、ともかく高級な材料で、木をどんどん燃やして炎の作用でこうなって、、、とかなんとかで高級な窯を使用し、とても元値がかかっていると。しかも高い技術で焼いた作品だと絶賛していました。ワシントンポストの記事などを紹介したら、20センチほどの高さの花瓶クラスで,もしも1万円ほどの値段をつけたなら、全然安すぎると。

あんまりさり気なく呉れるので、そこまでの作品だとは、つゆぞ知らず、お礼の言葉が軽すぎたのでは、、。改めて、どうもありがとう。早苗ちゃんや広上さん、春代ちゃん等が来ました。

IMG_5675_20171019133849e0b.jpg

たくさんの手作り作品が、お土産。

IMG_5672.jpg

締めは「渋皮煮」。年を取った方が楽しいと思うことの一つは、このような再会の無上の喜びのひとときを持てること。あの年代を共有した者同士のみにしか共有出来ない空気、距離感、追憶、今の心境、、、話題は尽きない。みんなで会の名前を考えた。「爆笑会」?吉本みたい。「ほほえみ会」?仏教徒婦人連盟じゃあるまいし。「スマイル会」?デイサービス友の会みたい。で、皆さんが考えてきた「美女会」に決定。、、、私以外の人は当てはまってないのに。

「今日の最大の言葉!」、「今日一番の収穫!」、、と、それぞれ思わず一同に顔を見合わせ、感激しあった言葉を発した人がいました。
私、「ワシントンさんな、伊勢丹にも無印にも興味を示さず、ユニクロでやっと、お気に入りをみつけはった」(ちなみにこの日の私の服もユニクロ)。
すかさず広上さん、「中身がブランドやから、身につけるものにブランドは要らんねん」(マイッタ!)。
どれだけみんなが感激し、拍手で同意したことか!きっとその拍手の意味は、「中身のブランドを、私たちも目指そう!」。

あ~!本当に楽しく、幸せな日でした~!再見!!!

貰い上手

IMG_5638_20171019120904201.jpg

IMG_5637.jpg

IMG_5644_20171019121104115.jpg

珍しく晴れた日に喫茶室で読書していたら、お替りのコーヒーをサービスされた。日本にいるときは一日に何度も利用する息子でさえ、受けたことがないサービスらしい。気がつくと秋の夕暮れ。早く京都に帰らないと、数日後には、パーティーが。

IMG_5565_20171019121730c5d.jpg

IMG_5566_20171019121812105.jpg

帰ってきた日に、2年ぶりくらいに河川敷を歩くと、5条への行きしに畑仕事をしている老人と目があい会釈。帰りにその人が歩道で、なんやら怖そうな顔で待ち構えていると思ったら、「はい」とイチジクをくれた。他にも人がいたのに、よほど物欲しげな顔をしていたか。

IMG_5655.jpg

IMG_5658_20171019122318f94.jpg

ヴァンクーバーの知人からマツタケ、ご近所から2回目の栗が、帰宅早々届いた。金輪際作るまいと決めていた渋皮煮に。まず、渋皮を残して皮を剥く。

IMG_5661_20171019122620b97.jpg

10回湯でこぼして、あく抜き。

IMG_5662.jpg

爪楊枝で、ひもを綺麗に掃除。

IMG_5663_20171019123105e01.jpg

10時間、火にかける。砂糖は3回に分けて入れる(師匠は栗と同量と教えてくれたが、私は6~7割)。これは火にかけて9時間の頃。

IMG_5665_20171019123402b2e.jpg

火を止めて、ブランディーで香りづけ。今、部屋中が栗の匂いで秋がいっぱいです。面倒くさがらず、作ってよかった!
プロフィール

ミセスパンプキン

Author:ミセスパンプキン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR