コーヒー難民から大爆笑へ

IMG_1570.jpg

私は肉は肉屋、魚は魚屋、パンはパン屋と何十年も行きつけが決まっています。コーヒー豆は女性店主が直接南米などへ買い付けに行く専門店。そこのボリビアが好みですが、それは半年ほどでなくなるので、あとはグァテマラ。ところが最近、焙煎が薄いのか、何倍いれても味にコクがない。3度クレームを出したが(だから3か月間)、「そうですかぁ?」だけ。それであちこちのコーヒー難民が始まりました。やや当たりの時もあれば外れのときもあり、結構ストレスの的。

なんと年末の頂きものの中にコーヒー豆があり、「おかき」などは姉妹が平等に分けて持って行ったが、コーヒー豆は一袋、私に残してくれました。

それを何気なく飲むと、めちゃ美味しい。表示をみると、なんとボリビアとグァテマラの混合だった!ご馳走様!

すっかり気分がよくなって、「明後日くらいに、"カボチャメンバー”の招集をかけようかなぁ」。

IMG_1544.jpg

そうそう、暮には「晩白柚」(ばんぺいゆ)をいただきました。熊本の八代地方の特産で、歴史は古いそうですが、「かぼちゃ宅初登場」です。これの食べごろは私も東京の予定なので、末っ子が先に持って帰りました。香りを楽しみたかった模様。楽しみです。皮の半分はマーマレードにして、半分は乾かして、彼らの大好きな湯舟に入れてあげようと。ご馳走様。

ところで「かぼちゃメンバー」は、電話口で待っていたかのように、日時も場所も全員二つ返事。1年ぶりの私の電話の声をきいただけで、みなさんなぜか爆笑が始まる。そう、このメンバー特有の笑い合うムードが健在。5時に「天壇」から12時のスナック「花梨」まで、8人のお腹がよじれるくらい、爆笑の連続でした。

みなさん、「アイスマン」を覚えていますか?イタリアとオーストリアの国境の氷河で発見された、5300年前のミイラです。「美味しいコーヒー」の翌日、桂病院で新聞のバックナンバーを読んでいたら、アイスマンがピロリ菌にかかっていたことが、DNA検査で分かったという記事。私はその日、そのピロリ菌陽性反応だった為の、薬服用の開始日でした。先生曰く「薬の効果を高めるために、お酒厳禁です」。

で、大酒のみの"かぼちゃメンバー"には、私がお茶で乾杯する理由を、「アイスマン」と同じ歴史的なトラブルと説明して、またまた爆笑。

私のもう一つのコラムで再々登場する「大手企業の元部長」コトひろ坊の、妻に去られた自虐ネタから、新しい女房をけなす私のいじめネタまで、話は尽きません。最後にタクシーを待つため全員が立っていたら、時間がかかることを見越したママが、なぜか「ここに幸あり」を入れる。成り行きで全員が学生のように肩を組んで、これを合唱しました。

「小百合は一人シラフでも、よくそこまで盛り上がるなぁ、天才や」(唯一、天才といわれた)
「年に一回といわず、桜と紅葉でも声をかけてぇ~な」(全員が口々に)
「中間の真夏でもいいからぁ~」。
「年寄りが暑いときにうろうろしたら、社会迷惑」と私。
「いまどき、どこでもクーラーがあるやろう?」
「こんなに笑わせてくれるメンバーは、他にないでぇ~」、、、、

それぞれが私を誘惑し懇願するが、安請け合いはいけない。「考えておくから、期待せずに待っててね!少なくとも来年の新年会は約束できるから、みなさん元気でね(全員が年上)!おくたばり遊ばしたら、遊んであげないよ!」(最後の爆笑)

IMG_1571_201601121313315eb.jpg

皆さんから、こんな貢物?をいただく。甘いものばかり。その場でばらして、みんなで分けました。黒アンと白アンがきれいに並んでいるモナカって、知ってた?器用ですねぇ。甘さもほどほどで、これだけは、分けなければ良かったと、、、、。ご馳走様でした。

美味しいコーヒーで心の余裕を取り戻し、爆笑出来た日につながったお話でした。ああ、おもしろかった!

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミセスパンプキン

Author:ミセスパンプキン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR