"私たちの別荘”内部を紹介します

IMG_2877_2016082407454360d.jpg

IMG_2878.jpg

IMG_2882.jpg

毎朝の目覚めがとても楽しみでした。写真は少し明るくなってからですが、洋風の墨絵のような景色が、両サイドの全面の窓越しに広がっています。静寂で神秘的で、とてもぜいたくで、豊かで幸せなひとときでした。

IMG_2373.jpg

IMG_2374.jpg

食器類はほとんど、主(あるじ)の作品で統一されています。落着いた雰囲気を、更に落ち着いたものにしています。

IMG_2372_201608240759582ff.jpg

食事テーブル。海が見えて抜群でした。

IMG_2892.jpg

IMG_2691_20160824081039b7a.jpg

IMG_2696.jpg

IMG_2698_201608240819016a2.jpg

先代のコレクションのカモが、あちこちの部屋で眠ったり飛んだり、遊んだり。

IMG_2884.jpg

IMG_2886.jpg

IMG_2887_201608240827362aa.jpg

IMG_2890_2016082408301434e.jpg

部屋という部屋に主の作品や、絵画の上手なお嬢さんの絵、画家だったお姑さんの絵などが、納まりよくおさまっています。部屋をいろいろと撮ってないことに、今気づきました。

IMG_2395_20160824085100ac1.jpg

IMG_2393_201608240852067b1.jpg

主のアトリエで

IMG_3004_2016082408531472f.jpg

私たちが略奪を許された作品の一部(バンクーバーにて)。

今日はこの辺で。
このたびで一番感動したことの一つは、別荘の広さと内装、調度品などのすばらしさでした。けばけばせず豪奢ではないが上等で、先代のコレクションやお姑さんの絵画、家族の作品の品々が大切に扱われ、すべてに品があることでした。










comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミセスパンプキン

Author:ミセスパンプキン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR