FC2ブログ

プロのグルメツアーも真っ青になる旅

IMG_2420.jpg

ヨットクラブで食べたクラブケーキサンド(カニ版ハンバーグ)。カニの名産地だけあって、しかも良い季節に来たとあって、ぜいたくな食文化に浸かりました。アメイジング!

IMG_2484_2016082912131184c.jpg

主手製の器にはいったジャム4種。赤いセロリ(ルバーブ)のジャムなどと、パンがまた、たっぷりクランベリーなどの木の実がはいった木地しっとりの美味しいもの。ロンドンのように、パンがワンパターンだったらどうしようと思ったのは、いつのことだったやら、、、。

IMG_2486.jpg

いつの間に焼いたのかしら、「桃のパイ」。向こう側のアルミ箔の覆いの下は、スペアリブのオーブン焼き。料理の腕もさることながら、こちらのスペアリブは脂こくなく、あっさりと美味。食べるのが忙しくて撮影を怠った。

IMG_2489_20160829122347d82.jpg

地元の甘い甘いシルバークイーン。何度も名前を覚えるよう、練習させられました。スペアリブと桃のパイの後、これを2本平らげる。ケーキのように甘く、コーンの味が濃厚。

IMG_2532_2016082912334840e.jpg

ある日の朝食。主はその日の風の有無や気温を考えて、朝食は室内かテラスかを瞬時に判断してくれる。爽快爽快!あれっ?あるじが焼いてくれたフルーツがたっぷり添えられたワッフルの写真も食べるのが忙しく、撮り忘れた。

IMG_2559.jpg

ティルマン・アイランドで食べた衝撃の味"ソフトシェルクラブ"と

IMG_2561_20160829131749186.jpg

蒸してスパイスがかかった、ブルークラブ。この豪快な注文の仕方!足は写真右上に見える木槌で叩き割って食べます。

IMG_2564_20160829132120b30.jpg

ブルークラブに敬意を表して、こんなにきれいに食べました。御馳走様!

IMG_2873_201608291326396ee.jpg

主手製のアップルケーキ。なんでも簡単に作るのね。ヨーグルトが入ってほんわかとして超美味。いつ作ったの?おいしかったよーっ!

IMG_2945.jpg

クラブケーキ(カニ身のハンバーグ)。クラブの身をほぐすだけでも大変なのに、焼く手前えまでの準備が出来上がっていました。私たちが見ていないところで、ずいぶん準備してくれていることがわかります。本人は「手のかかることはしていないから」と涼しい顔。

IMG_2944.jpg

IMG_2947.jpg

手製のタルタルソースも、いつもよりあっさりして見事。レシピを教えてくれていたのに、頭に入らなかったヨ。

IMG_2948.jpg

バジルも自家製のカプレーゼも何度か頂きました。献立抜群です。それにしても桐島洋子さんが言った「賢い女は料理が上手」に、「冗談じゃない、仕事も有能で家事も完璧を求められ、育児・料理も一流を求められたのでは、女はたまったものでない」と、半世紀後に堂々と異議を唱えた女性評論家がでてきました。さすがの彼女も我が別荘の主を知れば、何というでしょうか。

IMG_2982_20160829134344255.jpg

アナポリスの素敵なレストランに連れて行ってくれました。

IMG_2987.jpg

IMG_2991.jpg

IMG_2988.jpg

これが私たちのこの旅の、最後の晩餐でした。スミソニアンその他のレストランで食した昼食も、珍しいものがありましたが、これ以上続けると自慢たらしく思われるカモしれないので、"私は控えめな人間"だからこの辺にて失礼、オホホホホ。

それにしても「ワシントン」さん、たくさんの準備と真心こもった美味しい味付けで、上等なものばかりをご馳走様でした。前回より数段腕を上げたパジョンも、それが18番の私のよりおいしかった。娘たちと「大阪」さんを代表して、ここでもう一度、「どうもありがとう!」。胃袋はもちろん、心でずっしりと受け止めましたヨ、Thank you very much!



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あまり褒められたり感謝されたりして穴があったら入りたい心境です。本当によく来てくれました。次回はもっとゆっくりと来てください。
プロフィール

ミセスパンプキン

Author:ミセスパンプキン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR