FC2ブログ

ゴッホさん

IMG_6179.jpg

「ゴッホ・最後の手紙」という実写映画が公開されたそうです。ゴッホの名画をモチーフに、一コマ一コマを世界中から集められた125名の絵かきの手によってゴッホタッチで描かれて(アニメのように)、映画になったそうです。古賀陽子さんという画家が日本人でただ一人選ばれて、ポーランドで来る日も来る日も細かい油絵を模写していたそうです。郵便配達人の息子が、ゴッホを支えた弟テオに、最後の手紙を届ける話だそうです。きっと泣いてしまいそうな話。

IMG_6181_20180301172427e1a.jpg

IMG_6166.jpg

その古賀さんの個展が、親戚のギャラリーで開催され、お誘いを受けました。超美人画ばかりでまず感激!作品の半分は、モデルは画家の姉上だそうで(あとは西洋の美人)、姉妹とも大変な美人。しかも上品で優しい雰囲気にすっかり癒されて会話していると、姉上が席を外されたときに画家が話されるには、この姉が自分にとってはゴッホにとってのテオのような存在なのだそうです。どおりで絵画そのものがただの美人画でなくて、とても優しい癒しの雰囲気があって、姉妹の内面が滲み出ているような品を感じました。絵画で心を洗われたのは滅多にない経験で、、、、。

IMG_6173.jpg

IMG_6169.jpg

IMG_6171_201803011729048a2.jpg

お昼はギャラリーのオーナーの母上と、同じビルにオープンした「李青寺町店」。オーナーは高麗美術館のお嬢さんで、1号店で十分に「居場所」も確保できているのに、この店が空いたと知ると、バナナを買うような速さで「自分が借りる」と即決したらしい。私と同じ年で、海外にもよく指導などで出かける人なのですが、このバイタリティーに脱帽。食事会などの付き合いもよく、いつ寝るのかなぁ。しかもこれらの調度品は「家にあったものばかり」だそうで、1号店のコレクションと合わせると、すごいすごい。

IMG_6175_20180301173640996.jpg

IMG_6174_20180301173900524.jpg

1号店はトックとピビンバと冷麺の3点という楽な商売で、そのセンスの良さとユニークさで各新聞や有名雑誌に紹介されて、10年以上経つのに今も大繁盛。ここは彼女オリジナルの「焼きカルビとキムチのホットサンド」がメーン、それに漢方茶など。御所の前でこのメニューで、やはり朝日や雑誌に紹介されて、宣伝費なしで大繁盛。おカネは要らない人のところに行くようで。客が一杯でも騒がしくなく、雰囲気とても良かった。

ギャラリーのオーナーのママと、久しぶりにゆっくりおしゃべりを楽しみました。彼女も話し好きで一度ゆっくり話したいと思っていたので、いい機会でした。彼女と政治的な関心ごとが一致していて知識も豊富で、話していて胸がすく思いをしました。いろいろ見逃していたテレビ番組情報等も教えてくれて、録画だけして消そうと思っていた番組がとても大切なものであることも教えてくれて、危ないところでした。私たちは話すことがまだいっぱいあるね。また二人でしゃべろうね!楽しかった楽しかった、ありがとう!

IMG_6177.jpg

相席になったご婦人は90歳。2年前まで高麗美術館の「看板娘」だった人。つまり88歳まで生き字引きのように知識豊富な現役の学芸員をしておられて、この方がおられるだけで美術館もハクがついたと、とても感謝されておられた。片道2時間の草津から通勤されたそうで、この日も往復4時間かけて、この韓国伝統のよもぎ餅と漢方茶を楽しみがてら、皆さんに会いに来られたというわけ。

背筋もピンとしていて会話も筋道が通っていて、それでいて威圧的な所は全然ない。九州で興味ある展示があると、日帰りで一人で行って来られるらしい。

71歳で新たにレストランをオープンさせた李青のオーナーといい、50-60はハナたれ小僧ですね。隠居の日が真近かだとばかり考えてしまうけれど、生きている限りは何かの現役を張らないと、下手したら100歳までぶらぶらするわけで、、、。刺激になった一日でした~。

IMG_6159.jpg

IMG_6162_2018030118152799a.jpg

何と別の日に、ゴッホに会いたくなり、行ってきました。白樺派の人たちがゴッホ詣でに行った時の手紙や評論など多数。ゴッホ所有の浮世絵やそれを背景にした「タンギーおじさん」など。絵画などまったく門外漢なのに、ゴッホは心で見る事が出来ているみたいで神妙になる。

こんな近況でざますよー!



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミセスパンプキン

Author:ミセスパンプキン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR